読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

丸亀製麺を展開する「トリドール」がマジで凄い件

ビジネス談義 フランチャイズ 起業・スタートアップ 新規事業

f:id:business_ch:20160731223426p:plain

 

どうも!こんばんは。

キャップ77です。

 

今日は、丸亀製麺を展開する「トリドール」のお膝元の兵庫県にて、

この会社の発足時の業態である、焼き鳥・釜飯を中心として大バコ居酒屋では「とりどーる」に行ってきました。もう、この7~8年行く機会がなかったのですが、めちゃんこ進化していてビックリ!!

 

ターゲットは丸亀製麺と同じ、恐らくマイルドヤンキーなんですが、もうドンピシャでマイルドなヤンキーたちのハートに商品サービスが刺さりまくっていますね。

 

今日は、夕方の18時ごろに訪問したのですが、満席&ウエイティングが5組!

その後も、来店が絶えず1時間待ちぐらいになっていました。

 

この飲食が低迷している時代に、丸亀製麺はもとより、この焼き鳥業態も凄まじい繁盛ぶりでした。そして味も値段のバランス感がもちろん素晴らしいのですが、従業員のホスピタリティーに驚きの連続でございました。

 

スタッフ「喫煙席しか空いていないのですが、どうなさいますか?」

お客様「(禁煙希望の方が)喫煙席でもいいよ~」

スタッフ「禁煙希望だった方をなるべく固めています!そちらへどうぞ、少しでもマシかと」

お客様「ありがとう!」

 

ほんと、この対応は素晴らしいと感動しました。神の領域ですね。

 

では、この会社について少し見ていきましょう。

 

まずは近年の売上

872億9400万円(15年3月実績)★対前年比112%
783億1800万円(14年3月実績)★対前期比110%
709億 600万円(13年3月実績)★対前年比116%
610億7500万円(12年3月実績)★対前年比125%

 

凄いですね。前年比110%超の成長を4年連続で。。。

しかもですね、何が凄いって、飲食の重要な成長指標である既存店の売り上げ伸び率も決算書を見ると前年比106.4%と驚異的です。

 

飲食は、企業の業績が伸びてる場合でも、新規出店に助けられているだけで、

既存テンポの売上が伸びていない企業が多い世の中になっています。

 

そして、野望


既に海外では、複数のブランドを約30ヵ国・200店舗以上に展開している模様ですが、
2025年末、グループ売上高5000億円、世界6000店舗体制を築き、 世界の外食企業トップ10入りすることを目指して、 更に成長スピードを加速させていくそうです。

 

ハワイ店の好調ぶり(トリドールでNO1の売上だそう)を見ていると実現する可能性あるかと思います。

 

何が強いのか?

トリドールチェーンの一番の強みは、「手作り×お手頃価格」の組み合わせだと思っています。セルフうどんも各店で製麺し、大きな窯で茹でるスタイル。天ぷらだって、おにぎりだって面倒だろうに、あくまでも手作業でやっています。

この面倒な作業を行いながら、低価格で提供している丸亀製麺は本当に凄いと思います。チェーン化が進んだ飲食は、すぐにセントラルキッチンだの、PB(プライベート商品)だの効率化を計る傾向にあるのに、この会社は本当に手作り感がいっぱいだ。

 

また、マイルドヤンキーが大好きな「神アプリ」も凄いらしい。

初回ダウンロード特典としてクーポン券を配信。釜揚げうどん290円が140円と半額以下、鶏のかしわ天が60円、さらにお揚げが自慢の手作りいなりは、なんとタダで食べられるクーポンだそう。凄いね。

マイルドヤンキーにはタマらない業態作りが本当に得意ですね。

 

今後もこの会社から目が離せません。もしかすると、海外で5本の指に入る巨大チェーンが日本から産まれるかもしれませんね!

 

合わせて読みたい

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

 飲食に興味のある方にお勧めの本です。

 

飲食店完全バイブル  増補版

飲食店完全バイブル 増補版

 
小さな飲食店 成功のバイブル―赤字会社から年商20億円企業までの軌跡

小さな飲食店 成功のバイブル―赤字会社から年商20億円企業までの軌跡

 
飲食店完全バイブル 売れまくるメニューブックの作り方

飲食店完全バイブル 売れまくるメニューブックの作り方

 

 

 

 

【読書レビュー】はじめの一歩を踏み出そう‐マイケル・E・ガーバー著

ビジネス談義 フランチャイズ 新規事業 読書レビュー 起業・スタートアップ

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

ども、キャップ77です!

今日は、アメリカの起業家たちに最も影響を与えたと言われている良書を紹介します。

 

著者のマイケルEガーバーさんは、アメリカの中小企業を20年に渡りコンサルティングを行ってきた人物であり、その経験社数は25000社にのぼるそうです。すげえね。

 

事業に必要な3つの人格

マイケルさんが言うには、事業を立ち上げるには、「起業家」「マネージャー」「職人」の3つの人格が必要だそうです。

それなのに、多くの人は「職人」の要素しか持ち合わせておらず、事業の発展がスタッグしていくという・・・・なんとも耳の痛いお話。

 

こんな悩みのある経営者は、これから起業準備をしていくが、自分が「職人」であると自覚できる方には、ぜひおすすめの良書です。

他人に任せても事業が回ること

マイケルさんは、言います。

多くの経営者は、「起業脳」と「マネージャー脳」が無いから、やってもやっても儲からない、事業が大きくならない、と。

 

事業が成功する秘訣は、「アホに任せても回る仕組み」だと教えてくれます。

 

スタバやマクドナルドなどは、どのアルバイトスタッフが作っても、ある程度の品質が担保されていますよね。この、誰に任せても品質の高いものが提供できる体制を作ることが必要だ、何度も何度も説いてくれます。

イノベーションの後は、数値化とマニュアル化だと

イデアが消費者に認められるイノベーションの後は、徹底して数値化とマニュアル化に拘る。このサイクルを高速で回すことができる起業家が成功を手にできると言います。

 

個人事業ならまだしも、数名で行うような組織にしたい場合は、人にどれだけわかりやすく伝えられるか、また、その分かりやすさが数値化によって筋の良いものになっているかがポイントです。

 

起業を志す方、現在の組織が上手く成長できていない方のバイブルになるでしょう。

是非手に取ってみてください。

 

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

 

 その他のおすすめ本

失敗をゼロにする 起業のバイブル

失敗をゼロにする 起業のバイブル

 

 

1万人を見てわかった 起業して食える人・食えない人

1万人を見てわかった 起業して食える人・食えない人

 

 

たった一つの成長ドライバー。自責か他責か。

ビジネス談義 リーダーシップ・育成 営業

どうも、ご無沙汰してます。

キャップ77です。ほんとご無沙汰してます。

f:id:business_ch:20150910231307j:plain

 

今日は、ビジネスマンであれば、誰もがスキルアップや人脈形成など日々成長したいと考えているかと思います。

 

こちら、これまで出会ってきた経営者、上司、同僚、部下の中で、「成長」している、つまり凄い人に共通している要素として「自責で物事を考える」という特徴があると考えています。

 

先日、Newspicks川邉健太郎さんが歴史とリーダーシップに言及していましたが、本当に同感で「自責」で物事を考える人は大成し、「他責」で物事を考える人は裏切りものや戦で負けているような出来事が書かれていました。

 

川邉さんによると、徳川家康は、自分の失敗をいつまでも忘れず、部屋には過去の過ちを示す絵画を飾っていた模様。一方、織田信長は過去の過ちを内省せず、最後は自分が育てた明智光秀に自害に追い込まれる。そんなエピソードでございました。

 

こちらビジネスでも本当にそうだと思っていて。

自責で考えなくなった瞬間、人の成長は止まります。

 

そういうことかと言いますと、

 

■売れない→スキルが足りない→学ぶ、練習する

■売れない→商品が悪い→学ばない

 

という非常にシンプルな構造です。

 

ビジネス一年目から「自責」で考えた人間と、「他責」で考えた人間は、ほんの数年の間で大きな差が生まれることは一目瞭然です。

 

今日お伝えしたいことは、発生するあらゆる事象は、自責で考えるということ。

どんな些細なことでも構いません、自責で考えると知恵が出ます。

自責で考えると努力を続けることができます。

 

そして人間としての器もでっかくなりますので、多くの仲間が集まります。

是非、今日から初めて見てください。

 

以下はオススメの本です。

自責社員と他責社員 (経営者新書)

自責社員と他責社員 (経営者新書)

 

 以下、関連記事です。

 

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com