読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

マネジメントは何故やるのかっていう話

f:id:business_ch:20151027004615j:plain

ども、ご無沙汰しています。

キャップ77です。

 

ここんところ、生気が奪われるほど、仕事してます。

だめだな~こりゃ。笑

 

てな、わけですが、ここ数日、私マネジメントに関する理論を猛烈に勉強しておりまして、「今日はマネジメントは何故行うのか?」ということについてメモしておきます。

 

一番最初に貼り付けた写真は、マネジメントの父と呼ばれた、かの有名なドラッカーです。もしドラ一世風靡しましたね。

 

彼は、マネジメントとは、組織をして成果をあげさせるための道具・機能と定義しましたが、ぶっちゃけ僕は、このオッサンのことあんまり好きではないんです。笑

 

だって「もしドラ」に翻訳しなければいけないぐらい分かりにくいんですもん。

翻訳が分かりにくだけかもしれませんが、ネチネチ系の文章と感じてしまいます。

 

まあ、そこは個人の主観があるとしまして、

 

じゃあ、マネジメントは何のためにやるのか?という今日のタイトルに関して、展開するとしましょう。

 

僕が考えているのは、

 

マネジメントとは、組織が儲ける為になすべきことと考えています。

 

人間とは、弱かったり、自己中心になってしまいがちな欲求があったりする中で、どう儲けるチームを組成するのか、これがマネジメントの役割だと考えます。

 

特に、モチベーションとか言われる動機づけの部分に大きくかかわるのですが、どういう組織を作れば集う人々がイキイキと働くのか。

ここを最大化する為に、経営者やリーダーは腕を磨くわけです。

 

ここで、利益を最大化するためには、ハーズバーグという心理学者の二要因性理論っていうものを理解する必要があります。

 

興味のある方は、「ハーズバーグ・二要因性理論」でググってみてください。

 

職場における満足と不満足の要因を調べると、二つの要因がある定義しました。

 

満足に関する要因を「動機づけ要因」、不満足に関する要因を「衛生要因」としたのです。

 

マネジメントとは、満足に関する「動機づけ要因」を高めることが大切です。

これが達成感や成長感、自己充足感などをさします。

 

一方、「衛星要因」というのは給与や職場環境など、分かりやすく言うと金のかかることを指します。

 

つまり、マネジメントが上手な方は、動機づけが上手なので、お金がかからないというわけです。

 

ここ数週間、これを自分の頭の中に叩き込み、今の僕の苦境をどう乗り越えるか、グルグル想いを巡らせていたのです。

 

殴り書きで申し訳ないですが、マネジャーになった方、リーダーになった方には上記のことを僕より早く理解し、どんちゃか活かしちゃってください。

 

ほな、またね~

 

 

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

 

 あわせてよみたい

 

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

シンガポールはテナント代が高いっていう話

f:id:business_ch:20151004211227j:plain

帰ってきたぜ!

ども、キャップ77です。

ご無沙汰してます。

 

というのも、先々週、先週と日本各地とシンガポールに出張に行っておりまして、先週帰国し、とってもバタバタしておりました。

 

シンガポールに出張して、改めて「あ~日本って閉鎖的だな~、こりゃヤバイ」と思っている次第でございます。今日は、シンガポール出張で色々見たので、そのレポートを記載します。

シンガポールってどんな国?

f:id:business_ch:20151004211858j:plain

シンガポールは東京23区ほどの大きさの小さな国。

人口も541万人(2012年)と東京都の半分以下とほんと小さい。

それでも世界四位の金融の街として、アジア圏で異彩を放つ国でございます。

 

人口の約40%が外国籍の人たちで、もう街中は、どこの国にいるのかわからないぐらいにグローバル化していました。また、食生活も中華にマレー系、インドネシア系にハンバーガーなどの欧米系に、もう何でもアリな状態になっています。

 

物価はというと、タクシーが安いなと、感じたぐらいで、日本とほとんど変わらない印象でした。もちろん屋台などでは、300円ぐらいで食事を済ませられるのですが、まあ日本も牛丼チェーンがあるので、大して変わらない、というのが雑感です。

シンガポールでのビジネス

シンガポールは、アジアの中でも最も進出しやすい国だと感じました。

外国人でも法人はすぐに作れるし、オフィス環境も日本と同等。

本当に、日本で商売するのと変わらない環境がそこにはありました。

 

また、魅力的なことに法人税は日本の半分以下という状況。

例の秒速で1億稼ぐ男、与沢翼シンガポールにいるとのこと。

 

今回は、日本からシンガポール進出を狙う企業さんと一緒に行ったのですが、

日本にあるものは、既に存在していると言っても過言ではないので、相当な工夫が必要だと感じました。

 

また、特筆すべきは賃料の高さ。やっぱり国土が狭いので不動産は高騰しており、日本の家賃の3~4倍程度の感覚でした。

 

ですので、シンガポールで商売する場合は、単価を上げなければ成立しません。

進出はしやすいが、成功はしにくい。そんな国かもしれません><

 

ちなみにラーメン「一風堂」さんもシンガポールに進出していますが、

f:id:business_ch:20151004213743j:plain

ラーメンいっぱい16ドルですので、約1400円もします。

日本の1.5倍くらいから2倍ぐらいします。

 

シンガポールは先進国ですから、いかに新しさを出しながら高単価が取れるかが肝になります。一風堂も日本の店舗より高級感があり、なんかオシャレです。

 

とにかく、我々日本人は日本は便利とか、日本は新しいものがあるとか思っていますが、シンガポールの発展度は、日本同等か、それ以上かもしれません。

 

とまあ、ビジネスの話はこれぐらいにしておき、

夜のカジノの話

シンガポールには、カジノがあります。

僕、カジノ初体験でございまして、右も左もわからない中、先輩に連れられ、勝負してきました。

f:id:business_ch:20151004214306j:plain

内装はこんな感じですが、割とみんなカジュアルに楽しんでます。

僕はルーレットにドハマりし、財布に入ってたシンガポールドルを全てチップへと交換。

2~3時間ほど楽しみましたが、なんとビギナーズラックで約3万円勝ち!

 

久しぶりにギャンブルをしたせいか、気が付けば「おりゃ~」と叫んでおりました。

 

シンガポール在住の日本人と会話をしましたが、本当に住みやすい国とのこと。

その方のお子様は、5歳にして、英語、中国語、日本語の3か国語をマスターしているんだって。

 

ウチの子と既に雲泥の差ですね。笑

 

まあ、そんな訳で、帰国しましたのでブログ更新がんばるぞ!

また、近いうちに行きたい国シンガポールの話でした。

 

 

ほな、またね~

 あわせて読みたい

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

ソフトバンクショップがヒドい!エグい!そして、店員かわいそう…

f:id:business_ch:20150922225503j:plain

どうも、こんばんは。キャップ77です。

今日、僕は怒っています!!!激オコですよ、笑

 

何に怒っているかと言うと、ソフトバンクショップ!!!

思い出すだけでも、イライラするぜ…。

 

とまあ、しょっぱなから飛ばしていますが、何があったかと言いますと、

昨日、僕の愛しのiphone5cが、本人(私)の不注意によりご臨終となりまして(コンクリに落とした!嗚呼~っ><)、iphone6sが出る直前ですが仕方なく機種変更をしに行ったのです。

 

もちろん、まだ6sは発売されていませんので、まあ無難に6で我慢するかと思い、店員さんにお願いしました。

 

そして、日ごろから、ソフトバンクの料金が激高!だと思っていたので、それとなく料金プランの見直しをお願いしました。

 

まあ、分かってはいましたが、料金を下げたくない一心で、あれやこれやの追加提案祭。笑

 

ほんと、消費者のことバカにしてるにも程があります。

僕は、やっかいな営業出身のオッサンなので

「てめえ~~、きちんとしやがれ!オレの要望聞いてるか?ああん?」

と声を荒げるタイプ(実際は目で殺すのが精一杯、笑)なので、まあ、あれなのですが。

 

こんな、顧客対応じゃあ、高齢の方々なんかは、もうカタカナのプラン名だけでも精一杯なのに、あのオプションがどう、アプリがどうなんて言われると、もうチンプンカンプンに決まってますよね。

 

そして、何とか契約内容がまとまりかけた瞬間。

Sandisk iXpand 128GB SDIX-128G-P57 フラッシュドライブ for iPhone iPad 海外パッケージ品 [並行輸入品]

 

 

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

Sandisk iXpand 128GB SDIX-128G-P57 フラッシュドライブ for iPhone iPad 海外パッケージ品 [並行輸入品]

このsandiskのフラッシュドライブを勝手に24分割でつけようとしてやがった。

 

ここで、僕はもう堪忍袋の緒が切れ、店舗責任者を呼び。

全てのオプションを外せ!!

と怒り狂ったのでした。

 

それでも、登録してほしいアプリやら、なんやらで多少オプションは残ったのですが、なんとか僕の思い描く最低限の契約内容に近づいたので渋々機種変更を行いました。

(もはや、時間も結構経っていたので、するしかなかった…)

あと、ソフトバンクカードとやらを勝手に自宅へ送ると言われた。

チャージ式のデビットカードのようなものらしいけど、本当いらねえ。。。

 

いらないって言っても、頭を下げられて、「すべての人にお願いしてます」の一点張り。もう、ちゃんちゃらおかしいこの業界。

 

とまあ、業界の知り合いもいるし、ソフトバンクの代理店をしている経営者とも話をしたことがあるんだけど、通信業界は本当に酷いな~と改めて思いました。

通信キャリアから代理店、ショップスタッフに至るまで、もう狂っている。

これは安さを求める消費者が悪いのか?

ん?いや、やっぱり大手キャリアがおかしいはず。

 

通信環境がないと、どうも生活しにくいし、まだまだ消費者は弱い立場にいるんですよね。今はMVNOがあるったって、ビジネス人は、まだまだドコモ、auソフトバンクの3社から選ばざるを得ない感じですし。その3社は消費者を見ず、ユーザー獲得競争をしているだけですし。。。もう本当に涙無しでは語れない業界ですね。

 

そしてそして、今日の僕の担当についてくれた窓口のお姉ちゃんも被害者で、何も言わない人には、沢山のオプションをつけろ!と言われている、このマネジメント。

 

3大キャリアが、それぞれ覚悟しないと代理店にはできないよね。

キャリアは、「不当と思われるような、販売手法は一切するな!」と覚悟をもって言うべきだよね。相当なクレームが来てると思うんだけどね~。

 

自分勝手なキャリアが勝つか。消費者が勝つか。

そして、後発で回線も間借りしているMVNO系の会社が勝つか。

 

この勝負は大変興味深いです。

 

みんな不自然に感じないのかな。

もっと騒げばいいのに。。。

 

ほんと、通信業界が良くなることを祈るばかりです。

あ~スッキリしました。

 

ほな、またね。

 

キレるソフトバンク (日経BP Next ICT選書)

キレるソフトバンク (日経BP Next ICT選書)

 

 あわせて読みたい

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com