読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

オムニチャネルと差別化

こんばんは!

 

キャップ77です。

 

今日はオムニチャネルをテーマに

記事を書きたいと思います。

 

まず、

 

オムニチャネルとは、実店舗オンラインストアはじめとするあらゆる販売チャネル流通チャネル統合すること、および、そうした統合販売チャネル構築によってどのような販売チャネルからも同じように商品購入できる環境実現することである。

 

とのこと。

 

こういった大企業の資金力によってしか成り立ちそうもないビジネストレンドに、地域で頑張る小さな会社はどう頑張るべきか。

 

そのポイントは、僕自身、鋭角にターゲッティングされた差別化にあると思う。

 

オムニチャネルは大きな市場に対して大企業が投資するものと仮定し、

地域の会社は独特の専門性、カラーを持った会社であるべきだ。と唱えたい。

 

たとえば、多種多様な本を揃え、即日に配達される、おまけに必要な食料品まで注文できる大企業のオムニチャネル戦略に対し、広くて大量の品揃えではなく、例えば児童書に特化した子供向け書店などが挙げられる。

 

子供の成長スピードや興味感心事項に対し、深い知識から次に読むべき本は何かと、提案できる、エッジの聞いた書店であるべきだと考える。

 

幅広いターゲットではなく、極限まで絞り込んだターゲットのインサイトを深掘りすることを追求する。

 

これこそが極めて重要なことだと、

僕考えています。

 

ほな、またぁ