読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

所詮、仕事なんてゲームだ、それに気づいてない人が多すぎ!

こんばんは、キャップ77です。

 

只今、新幹線で大阪に移動中。

単身赴任で家族サービスをたんまり行ったパパさん達が明日からの仕事に向け、ノートパソコンをパチパチしながら移動しています。

 

この光景を見て、つくづく仕事を理解していないなぁー。と思うわけです。

 

新幹線という、仕事環境が悪い場所で、その仕事をやらねばならない時点で、負けは確定しています。

 

せいぜい、15分程度の最終チェックならばまだしも、思考しながらパワポ、エクセルを作りこんでいるわけです。

 

自分が社長になってから思うのですが、スケジュールに間に合うように仕事をやった時点で、その仕事は攻略できません。

 

かつて、少年時代にハマったゲームもそうだったように、心を落ち着かせ、余裕のある状態で挑まないと、クリアできないものなのです。

 

多くの人が勘違いしてるかもしれませんが、非合理的なものを合理的する、不確実性の高いものを確実性の高いものするのが仕事。つまり、ゲームと一緒。

 

こんなことを言うと、意識が低いと怒られそうですが、実際にそうなんです。

 

これは会社を辞めてから本当に良くわかる。一度、その仕事から離れてしまうと、自分の人生と関わらないものが大半なのだ。

 

それはほんとにゲームと同じ。

 

だからこそ、ゲーム感覚で仕事に取り組む。場を整え、余裕を持って挑む。

 

そして、そのゲームには勝たなければならない。

 

圧倒的に、勝つことこそ、仕事は面白くなる。ゲームもほんとそう。

 

新幹線で負け戦に挑むサラリーマンを横目に、こんな嫌なことを考えてました笑

 

ほな、またぁ