読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

目標達成に必ず必要な7つのステップ

ビジネス談義 フランチャイズ 営業 リーダーシップ・育成

こんにちは、キャップ77です。

 

今日は、ビジネスにとって最重要事項である、

立てた目標を達成することについて記載します。

 

では、結論から、目標達成するために必要なことは

以下7つだと考えています。

 

①想いを言語化して目標設定すること

②共に働くメンバーと目標を共有する

③行動を起こす

④場をつくり、維持する

⑤異常・問題に気付く

⑥改善する

⑦最後のリスクヘッジをする

 

こんなステップで、営業やプロジェクトを進めると

達成する確率は非常に高くなります。

 

では、細かくみていきましょう。

①想いを言語化して目標設定すること

「想い」とは、「どのような姿になりたいか、どのような世の中にしたいか」

ということです。良く、営業部などでは「売上●●億」とか、

「顧客数ナンバー1」とか、垂れ幕がかかってたりするのですが

これは「手段」であって「目標」にはなりませんので注意が必要です。

 

そして、今から行うことが、何の解決になって、達成するとどんな世界

が待っているのか、経営者やリーダーであるあなたが言語化できなければ

なりません。

②共に働くメンバーと目標を共有する

目標が言語化できたら、次は共に働く仲間とベクトルを合わせなければ

なりません。ベクトルを合わせるとは、あなたが実現したい世界感に、

共感・共鳴してくれている状態です。共感と共鳴は似ていますが、

意味合いは少し違います。

 

共感とは、嬉しいことや悲しいこと、苦しいことを同じように感じること。

共鳴とは、ともに鳴りあうこと。同じ目標に向けてともに心を振るわせること。

です。常に目標達成するチームは、共感と共鳴が揃った状態で阿吽の呼吸で

物事が推進されるようになっています。

 

③行動を起こす

目標は設定され、キックオフで進むべき方向が示されたにも関わらず、

いざ活動を始めようとすると、動きださないことが良くあります。

 

これは単に「行うべきこと」が各論で示されてない場合が多いです。

総論、世界感では、何を目指しているのかが理解されていても、

実際に動き出すとなれば、具体的な行動レベルで展開されていないと

メンバーはどのように動いていいのか、わからないものです。

 

注意すべき点は、ビジネスの世界では、正解というものはやってみなければ

わからないことが多いものです。良くある現場での現象は、

机上で「ああでもない、こうでもない」とやってもないのに議論だけが活発化

し、一向に行動しないケースです。

 

まず大切なのは、ある程度筋のよさそうな行動が決まれば、すぐに動きだす

ことです。もし、何か問題が発生すれば、軌道修正すればよいだけの話です。

④場をつくり、維持する

目標が決まり、共有され、行動が始まりました。

しかし、これを放置していては、個人が各々で行動するだけで

チームがバラバラになっていくケースが多いです。

 

目標を達成するためには、「想い」を共有し、行動する仲間が

お互いの状況、コンディション、を把握し、協力し合う、良い

影響を与え合う場を作ることが大切です。

 

そして、それが継続されるよう、場を作っている目的や議論される

べき内容が示された内容をアジェンダとして作成する必要があります。

これがうまく伝わっていない場は、欠席者がでたり、参加意欲が低下

したり、内容が薄くなるばかりか、継続開催すらできなくなります。

 

⑤異常・問題に気付く

目標達成するための、重要な事項として、問題や異常に気付くことが

できる仕組み、体制を作っておく必要があります。

 

最近では良く「見える化」という言葉が使われるようになりましたが、

まさしくそれです。

 

立てた計画に対して、うまくいっているかどうかは数字で把握したほうが

ブレが発生せず、問題に気付きやすいです。こちら詳しく知りたい方は

「KPI」という単語をググってみてください。

 

⑥改善する

ビジネスの世界では、起こりうるすべての問題を想定したり、完璧にこなしたり

することはできません。

 

したがって改善サイクルを回すことが必要です。

改善をする際に重要なことは、課題設定です。課題設定がズレている場合は、

打ち手を打ったとしても、何も意味をなさなかったという無駄が発生します。

 

したがって、その問題の根源は何か、深く多面的に考える必要があるのです。

⑦最後のリスクヘッジをする

いよいよ、最期の仕上げです。もうここまできたら、ある程度、目標達成に

現実味を帯びてきているはずです。

 

しかし、ここで油断してはいけません。

不確実なビジネスの世界では、最期まで何が起こるかわからないものです。

未だ見えていない問題にまで気を配りながら、何がおきても達成できそうな

シナリオを構築しておくのです。

 

皆さま7つのステップはいかがでした?

僕は書き疲れました笑

 

さらに知りたい人はコメントくださいな。

ほな、また~

 

絶対に達成する技術 (中経出版)

絶対に達成する技術 (中経出版)