読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

子供用タブレット市場は、拡大するか?

ah_tabeo3.jpg

おはようございます!キャップ77です。

 

今日は、新しいビジネスモデルの考え方について。

トイザらスKDDIより出資されているFuhuなど、何かと話題のキッズタブレット領域ですが、今後勢いを増して拡大するのでしょうか?

 

まずは、キッズ向けタブレットは、どのような特徴を備えた製品なのでしょうか。

その名の通り子どもが使うのに適した機能を持つタブレットのことです。

 

一番大きな特徴としては、親による制限機能「ペアレンタルコントロール」があります。

 

アプリのダウンロード・インストールをはじめ、メールやSNSの使用、Webサイトへのアクセス、プレイ時間などまで管理できるのは、親としても安心。

 

また、子供向けにインターフェイスが改良されていたり、楽しいアプリがあらかじめインストールされていたりします。

 

僕の見立てでは、ある程度までは市場は拡大するが、思っているようにはいかないであろうと思っています。トイザらスやFuhuのものは家庭内や車で遊戯や知育に使用することが目的の主となっています。

 

親がマスト項目で、欲しい機能は、遊戯や知育よりも、安心や安全、塾の送り迎えなどのコミュニケーションなのではないか?と考えます。

 

つまり、通信業者に分があると考えていて、ソフトバンクdocomoauが企画する子供向けスマホの需要が伸び、キッズタブレットの市場は「遊び」という玩具の領域に留まるのではないか、と感じています。

 

どうなるか、わかりませんが、動向をしっかり見ていきたいです。

 

ほな、またね~

タブレット for キッズ tapme (レッド)

タブレット for キッズ tapme (レッド)