読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

自宅開業!?店舗を持つ!?それぞれを考えてみる

おはようございます!キャップ77です。

独立・開業・起業を目指す人にとっては、一度は悩んだことがある問題。

 

店舗型ビジネスを選ぶか、無店舗型ビジネスを選ぶか。という問題。

この両者の一番の違いをお伝えします。

店舗ビジネスを選ぶ場合

店舗型ビジネスと聞いて思い浮かべる業種は何でしょう?

飲食店、美容室、整骨院、学習塾、デイサービス(介護)、不動産屋、

そんな所でしょうか。店舗ビジネスの大きな特徴は、お客さんを引き込む、

つまり、PULL型のビジネスだということです。

 

看板を掲げ、やるとしても折込チラシやポスティング、ビラまき、等の集客活動です。お客様に提案したり、交渉したりすることは極めて少ないです。

 

こういったビジネスの場合は、毎日コツコツと認知活動を続けること、サービスを向上させて、リピートしてくれるお客様が重要になります。

では一方、

無店舗型ビジネスを選ぶ場合

こちらの職種を思い浮かべてください。

PCを使ってする仕事、自宅を営業拠点として、商品・サービスの営業をする仕事。

保険や通信、コンサルティングなど、無形物やカタログやパンフレットを使って

営業する仕事が多いです。

 

つまり、こちらのビジネスは、常にPUSH型、電話や飛び込み営業、実績がでれば紹介営業など、つまり立ち止まっていてはお客様が掴めないビジネスであることが多いです。

 

私は営業に自信のない方は、店舗型ビジネスをお勧めし、

営業に自信のある方は、無店舗型ビジネスをお勧めしています。

 

どちらの商売も、集客という観点は同じですが、お客様1人と出会える大変さが違うと考えています。

 

あなたのこれまでのキャリアをしっかりと棚卸しして、店舗の有無を決めることは大切です。

 

ほな、またね~

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com