読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

【読書レビュー】戦略の原点‐清水勝彦著

読書レビュー ビジネス談義 起業・スタートアップ

 こんばんは。キャップ77です。

この週末はチビたちともお出かけもせず、

遊び相手の合間に久々に本をムサボリ読んでおります。

今日は、こちら!

戦略の原点

戦略の原点

 

 僕が何度も読み返している、経営戦略の基礎とも言える内容です。

僕はきっと10年先も、この本を手に取って読み返すだろうと思える価値のある本です。

 

この著者の清水勝彦さんは、テキサス大学のMBAで教鞭をとられている方ですが、経営戦略の基本をMBA教授のイメージとは裏腹にチョーわかりやすく解説してくれています。彼はこの本のことを、経営戦略というジャンルの野球の素振りや、算数でいう九九のようなものと説明しています。この基本は、何度も反復すれば、誰でも身につけることが可能と言ってくれていることも心強い本です。

 

経営戦略の本って、一歩間違えると、著者の経験や精神論が展開され、「それ、お前の過去事例なんちゃうん?」と冷めた僕は思ってしまうことが多いのですが、横展開できるように丁寧に正確に執筆してくれているところがうれしいところ。

 

この清水さんの「なぜ新しい戦略はいつも行き詰るのか?」という本も読んだことがあるのですが、本当に現場に入ってる身としては、「そうそう、その問題!ある!」というシーンなども入っており、経営を近くに感じ始めたころに清水さんの本を読むと、とても面白いかと思います。

 

経営戦略は、戦略にがんじがらめになるのではなく、直観とのバランスも大切と言っているあたりが、現場で働く人間を惹きつける魅力なのかもしれません。

経営者を相手に営業されている方、経営企画に配属された方はぜひ手に取ってみてください。面白さは保証しますよ。

ほな、またね~

戦略の原点

戦略の原点