読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

事業ドメインってどうやって設定するの?

おはようございます。キャップ77です。

いや~暑い。朝から暑い。ってほんと毎日暑いって言ってますね。

嫁ちゃんに、「あんたがアツい」っていうのがアツいわって言われてます。笑

 

では、「事業ドメイン」っていう良くわからない言葉について解説していきますね。

事業ドメインってなんだ?

ドメイン?ん?なんだろう、って僕も20代のころ思ってました。

ドメインって事業領域と思っといてください。

食品メーカーなら、スーパーで売る「一般向けの小売り」なのか、給食会社におろす「業務用」なのかといったようなイメージです。

では、なぜ事業ドメインって決めるの?

それは、経営資源が有限であるからです。

事業ドメインを決めることで重要なのは、自社が最も強みを発揮できるであろう領域を決め、そこに経営資源、つまり人・モノ・カネを集中して投下する必要があるからです。

ドメインは一歩間違うと、事業がなかなかスケールしていかないものです。

例えば、巨大な先行者がいる業界とまったく同じ商品・サービスを開発しても、スケールメリットが優先され、後発者は勝てないことなど、良く発生していますよね。

「誰が選ぶねん!?ん!?」というような時代遅れの会社などがそうです。

では、どんな風に決めるの?

僕は、良く整理するときには、顧客の軸、商品・サービスの軸、提供する価値の軸の3つの切り口で考えます。そうすることで、バランスのとれたドメインの置き所が目てくることが多いです。

先ほど、巨大な先行者がいる領域は厳しいとお伝えしましたが、新しい価値を発揮していれば、十分魅力的なドメインとなります。例えば、空き家をシャアし旅行者に利用させた「Airbnb」や高級料理やを立ち食いスタイルで提供した「俺のイタリアン」などは、成熟した産業に新しい工夫を入れ、新市場を作っていった良い例です。

 

成長が著しい領域は、あまり難しく考える必要はないですが、時期とタイミングを見誤ると知らぬ間に置いてけぼりをくらったり、時代を先取り過ぎて市場が追い付いてこないことなどがあります。

 

参考になりましたでしょうか。

このあたりは、本当に経営者がいつも頭を悩ませているところですよね。

ほな、またね~

 よりくわしく知りたい方は

企業ドメインの戦略論―構想の大きな会社とは (中公新書)

企業ドメインの戦略論―構想の大きな会社とは (中公新書)

 

 あわせて読みたい

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com