それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

【読書レビュー】まず、ルールを破れ‐マーカス・バッキンガム+カート・コフマン著

 

まず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違う

まず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違う

 

 おはようございます。キャップ77です。

今日は、マネジメントに関する名著をご紹介したいと思います。

 

「まず、ルールを破れ」という過激なタイトルですが、はっきり言って、組織の上に立つ人なら読んだ方が良いです。それは何でかというと、この本は膨大な数のマネジャーと従業員に行ったインタビュー調査を元に、優れたマネジャーは何をしていて、何をしないのか解明してくれているんです。

 

びっくりするのがその数!8万人のマネジャーと100万人の従業員。

アメリカの調査会社ギャラップ社が死ぬ気で調査した至高のデータから導きだされた本書の主張は、まさに目から鱗ですよ。

 

で、結論、部下が持てる力を最大限に発揮できるよう環境を整えることこそが、マネジャーのもっとも大切な仕事だということ。

 

僕も、良くやってしまうのですが、部下に欠点を直させること、できないことをやらせようとすることは、この本ではバッサリ時間の無駄だと明言しています。

 

こういうファクトから導かれた傾向に僕は弱いんですよね…。

この本の中で、「4つのカギ」というアプローチの仕方が語られているのですが、「経験や知識ではなく、才能で部下を選ぶ」とか「手順は示さず、目標となる成果だけを示す」といった僕たちが多少ビビるようなことも、大変勉強になります。

ぜひ、騙されたと思って読んでみてください。

あわせて読みたい

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com