それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

ビジネスの世界は平等ではないよね

f:id:business_ch:20150808230714j:plain

このブログは、アクセス解析によると20代~30代の人に良く読んでいただいてるみたい。今日は、そんな人に向けて記事を書きたいと思います。

どうもキャップ77です。

 

早く慣れよう。ビジネスの不平等な世界に

今の日本のビジネスは、お先真っ暗です、笑

いきなりすみません、汗

どうあがいても、日本経済は緩やかに衰退していくことは間違いないと僕は思っています。人口減ってそれぐらい大きいものなんです。

衰退していくといっても、これが均等に衰退するわけではないんです。

一部のとがった個人や企業が突出し、凸凹が目立つ格差社会に僕たちは生きることにんるのです。

これからの日本では、平等に固執する人は非常に生きづらくなるでしょう。

一億総中流って言う時代は、すでに過ぎ去ったと思っとくほうが良いと思います。

ビルゲイツも「人生は公平ではない」と言った

マイクロソフトビルゲイツも「人生は公平ではない、早くそれに慣れよ」とう数年前に言ったそうです。

これは本当にまっとうな話で、学校にいる間は、同じ量の宿題、同じ金額の就学旅行、遠足での決められたおやつ代(笑)、あらゆるところで平等になるよう設定されていますが、ビジネスになれば、なんども失敗できるお金持ちが有利になったり、何か国語も操れるグローバルな人材が重宝されたり、非常に不平等なセカイなのです。

じゃあ、どうするの?

僕は、「らしさ」の追及だと思ってます。

「すき」とか「したいこと」とかを徹底的に磨くのです。

基本的な作業は、全てIT技術にとって代わられるはずで、

単なる価格を伝えにいく営業マンや、入力を代行する事務員などは、真っ先に淘汰される人間だと思っています。

創造的な仕事をできる人間になるためには、追求することだと思います。

また、不平等な世界でオピニオンな方たちに勝つためには「選択と集中」だと。

 

他の人が相対的に能力を伸ばしているときに特化した能力を磨くわけです。

 

で、「すきなこと」とか「したいこと」が見つからない人はどうするの?と言われると、目の前のことを全力でやること。全力でやっていると、早かれ遅かれ「これかも?」というのが何個か出てくるものです。そして見つけたものに全力投球しましょう。

 

ほな、またね~

2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」

2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」

 
成功のための未来予報

成功のための未来予報

 

 

 

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com