読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

【読書レビュー】仕事は楽しかね?‐デイル・ドーデン著

読書レビュー リーダーシップ・育成 営業 ビジネス談義

仕事は楽しいかね?

 

こんにちは!キャップ77です。

今日は、ガムシャラに働くそこのあなたに届けたい本のハナシ。

 

日々の仕事に追われ、将来の希望を見失ったときこそ、手にとって欲しい、そんな本でございます。

 

あらすじ

大雪で閉鎖された空港で足止めを食らっちゃう主人公。

そんなときに、とある老人から「仕事は楽しいかね?」と問われる。

その質問をきっかけに、仕事に対する憤りや不満、蓄積した疲労と感情をぶちまけるのであった。

 

そんな中で、その老人は出会ったのも縁と、一夜限りの講義を始める。

この老人は、あとになってわかるのですが、著名な実業家で自己変革についての考え方を主人公に優しく教えていく。というお話です。

 

老人が言いたいことは何だったか?

この老人は、主人公に対して見事に答えを提示していくのですが、

・日々起こる変化を拒否するな

・何事も少しずつ試すことが大切

ということ自己変革のステップを主人公に伝えます。

 

そして、さらに大事なことは、

この変化やチャレンジを楽しむこと

であると説きます。

 

遊び感覚でいろいろやっちゃう、その成り行きを見守る、という改革の本質が見事に語られている良書だと思います。

 

僕が、この本を読むまでは、変わることに拒絶反応を示し(笑)、拒絶するから何もチャレンジしない。要は、THE変わらないことこそ美学の人間でございました。

 

この本を読んでからは、目の前に起こることを自分事として捉え、面白く実験するような思考に変化したことを覚えています。

 

良くある自己啓発本は、偉そうに評論家が論じるもんだから拒絶することも多いのだけど、これは小説になっていて、おじいさんが優しく語りかけてくれるもんだから、素直に読めた、そんな本でございました。

 

今、仕事を拒否している人、なんだか転職したいな~なんて考えている人、ぜひこの本を手に取っておじいさんの講義を受けてみてください。

 

素直に受け入れられます。笑

 

ほな、またね~

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?

 

 こちらは続編、マネジメントの話です。

仕事は楽しいかね?2

仕事は楽しいかね?2

 

 あわせて読みたい

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com