読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

トップが変われない=トップが無能だということ

f:id:business_ch:20150908004220j:plain

こんにちは!キャップ77です。

今日の商談は、見事失注です。笑

 

それにまつわるお話を。

 

今日、失注した会社ですが、3か月ほど前からヒアリングを開始し、今日、僕が求める状態になっていないのであれば、お取引しないことを決めてました。

 

要は失注をも辞さない姿勢で挑んだということです。

 

それは、3か月ほど前から4回に渡りヒアリングをしていたのですが、最初に経営者に出会ったときから、どこか「考え方が間違っているのでは?」という違和感を抱いていました。

 

時代背景や市場同行について、数値や見立てをいくらわかりやすく語っても一向に認めようとしなかった。

 

僕が思うに、この経営者は、ビジネスの勘とか、世の中を斜めから見るアイデアマン、個人の能力としては非常に長けていて、ずーっと金融の世界ではトップセールスマンだったそう。

 

そして、その自分の能力を基準に、その成功パターンを組織にも適用しようとする。

 

しかしながら、マーケットは常に動いており、過去の経営者の時代と営業シーンも随分と変化しているにも関わらず、社員達にそれをやらせようとし、うまく行かなければ「なんでだ?」と嘆くわけ。

 

個人の能力に捉われないヤリ方を、できるだけ作りましょう!と提案するも、なかなか納得せず、「ワシのころは・・」と過去の自身の栄光に浸るだけであった。

 

今回のケースでは、あらゆる面から、その経営者の思想を変えてもらおうと戦略を立てたが、一見納得しているようで、本心では支持しているとは思えなかった。

 

この経営者が、この考え方を変えてくれない限りは、今回の提案は成果でるはずもないことを確信していたので、僕はこのお仕事を辞退した。

 

ここで経営者の意見を取り入れ、小手先の技術で一瞬の業務改善を請け負っても、一向に楽しくないと思ったので、今回は失注させることにしたのだった。

 

コンサルティングのお仕事を受ける際には、互いのコミットメントが非常に重要になる。目先の売り上げ云々よりも、この請け負った仕事が、時間も身体も他の素晴らしい仕事の時間を奪ってしまうのである。

 

経営者も僕も真剣勝負。

 

互いのどちらが高い視点を持ち、本質的な課題にアプローチできるかにかかっている。

 

これだから、コンサルティングは面白いな~っと。

 

ほな、また。

コンサル一年目が学ぶこと

コンサル一年目が学ぶこと

 
この1冊ですべてわかる コンサルティングの基本

この1冊ですべてわかる コンサルティングの基本

 
稼げるコンサルタント 稼げないコンサルタント

稼げるコンサルタント 稼げないコンサルタント

 

 あわせて読みたい

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com