それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

モテる人間がトップセールスになる理由

f:id:business_ch:20150915223120j:plain

こんにちは!キャップ77です。

長年セールスの世界にいると、トップセールスは「モテる」ことに気づきます。

お前はモテるのか?って、それは聞かないで下さい!笑

 

今日は、なぜモテる人間はトップセールスになるのか、記載したいと思います。

 

まず、皆さんの周りにいるトップセールスはどんな方でしょうか?

 

僕がこれまで出会ってきたトップセールスは、スキルやスタンスが素晴らしいことは前提に、相手を気持ちよくできる人間が多いです。

 

これは、どういうことかと言うと、相手を思いやる力や想いを巡らせる力が高いと言えます。

 

恋人と接するようにお客様と接することができる人です。

 

「今、目の前の人は何に困っているだろう?」

「こんなことしたら喜んでくれるだろうか?」

 

そんなことを自然と考えられる人間です。

 

その意識的か無意識なのかは分かりませんが、日々の行動にそういった行動ができているので信頼関係を築くことが、とても早い。

 

例えば、男性だと彼女に対して、「お疲れさま、今から帰る~」とメールを送る人間と「お疲れ様、今から帰るけど、買っていくものない?」と言えるかの違いです。

 

常に相手を気に掛ける言葉を自然と発することができる人間はモテますよね。

 

セールスの世界でも実際には同じで、自分の言葉を発するだけでなく、お客様の立場に立つときにどんな言葉を発することができるか?がとても大事です。

 

忙しい人に、「折TEL下さい。」と言い続ける人間と、日ごろから「何時ごろにお電話するのがよろしいですか?」と一言付け加えられる人とでは、圧倒的にパフォーマンスに差がでます。

 

つまり、相手の立場に立てる人間はモテるし、売れるのです。

 

デートでも、「何食べたい?」と聞く人よりも、「お昼コッテリ系だったから、アッサリ系にする?」とか「洋食?和食?」と聞く人のほうがモテますよね。

 

これって、きっと相手への思いやりなんです。

 

声をかけて欲しいときには「先回りして声をかけてくれる」、逆に忙しいときは、心情を察して、いいバランスで連絡してくれる、そんな「想いを巡らせる」ことがスムーズにできているのです。

 

しかし、間違ってはいけません。お客様にすべて迎合するのではなく、あくまでも自然体でスムーズに気をつかわせないようにできるのです。

 

どうやって鍛えるといいかといいますと、他人を喜ばすことに日ごろからチャレンジすることです。最初は不器用でも良い。どんどん他人を喜ばせていくことができると心に余裕ができ、自然に思えるようになるのです。

 

ある偉い人は「他喜力」というネーミングをつけ、他人を喜ばせる力こそが商売の基本であると言ってました。

 

トップセールスは本当にそうですね。嬉しいコミュニケーションに知識やスキルを持ち合わせる、本当に誰からも素敵!と言われるような人間です。

 

たいてい、トップセールスの嫁さんは可愛い人です。笑

 

では、こんなところで。

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com