読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ、ビジネスになるんちゃいます?

ビジネスに関するネタいっぱい!新規事業、マーケティング、フランチャイズ、経営戦略、営業戦略、育成、マネジメントについて

マネジメントは何故やるのかっていう話

f:id:business_ch:20151027004615j:plain

ども、ご無沙汰しています。

キャップ77です。

 

ここんところ、生気が奪われるほど、仕事してます。

だめだな~こりゃ。笑

 

てな、わけですが、ここ数日、私マネジメントに関する理論を猛烈に勉強しておりまして、「今日はマネジメントは何故行うのか?」ということについてメモしておきます。

 

一番最初に貼り付けた写真は、マネジメントの父と呼ばれた、かの有名なドラッカーです。もしドラ一世風靡しましたね。

 

彼は、マネジメントとは、組織をして成果をあげさせるための道具・機能と定義しましたが、ぶっちゃけ僕は、このオッサンのことあんまり好きではないんです。笑

 

だって「もしドラ」に翻訳しなければいけないぐらい分かりにくいんですもん。

翻訳が分かりにくだけかもしれませんが、ネチネチ系の文章と感じてしまいます。

 

まあ、そこは個人の主観があるとしまして、

 

じゃあ、マネジメントは何のためにやるのか?という今日のタイトルに関して、展開するとしましょう。

 

僕が考えているのは、

 

マネジメントとは、組織が儲ける為になすべきことと考えています。

 

人間とは、弱かったり、自己中心になってしまいがちな欲求があったりする中で、どう儲けるチームを組成するのか、これがマネジメントの役割だと考えます。

 

特に、モチベーションとか言われる動機づけの部分に大きくかかわるのですが、どういう組織を作れば集う人々がイキイキと働くのか。

ここを最大化する為に、経営者やリーダーは腕を磨くわけです。

 

ここで、利益を最大化するためには、ハーズバーグという心理学者の二要因性理論っていうものを理解する必要があります。

 

興味のある方は、「ハーズバーグ・二要因性理論」でググってみてください。

 

職場における満足と不満足の要因を調べると、二つの要因がある定義しました。

 

満足に関する要因を「動機づけ要因」、不満足に関する要因を「衛生要因」としたのです。

 

マネジメントとは、満足に関する「動機づけ要因」を高めることが大切です。

これが達成感や成長感、自己充足感などをさします。

 

一方、「衛星要因」というのは給与や職場環境など、分かりやすく言うと金のかかることを指します。

 

つまり、マネジメントが上手な方は、動機づけが上手なので、お金がかからないというわけです。

 

ここ数週間、これを自分の頭の中に叩き込み、今の僕の苦境をどう乗り越えるか、グルグル想いを巡らせていたのです。

 

殴り書きで申し訳ないですが、マネジャーになった方、リーダーになった方には上記のことを僕より早く理解し、どんちゃか活かしちゃってください。

 

ほな、またね~

 

 

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

 

 あわせてよみたい

 

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com

business-ch.hatenablog.com